薬を持っている男性

タミフルはインフルエンザの治療薬として有名ですが、世界中ではあまり処方されておらず、世界消費量の実に7割以上が日本という状態です。
なぜ日本だけ大量に消費されているかは、日本の医療システムに起因しており、様々な要因から結果が導き出されます。
そもそも、インフルエンザの治療薬として、タミフルが第一選択薬となっているため、病院で薬を処方してもらおうとすると、まず間違いなくタミフルが出されます。
インフルエンザに効果的と言われるのもありますが、ウイルスが耐性を持つことを危険視して、その他の薬を出したくないという意見もあります。
アメリカなどでは、耐性菌を作りたくないという理由から、処方を断ることも多く、基本的には予防接種がすすめられます。
予防接種は日本でも行われていますが、実際に予防接種を受ける人は少なく、インフルエンザにかかってから治療を開始するようになります。
これは日本の医療保険に問題があり、治療を目的とした行為以外は保険が適用されないのが原因で、昔から「予防にはお金がかかるから、問題が出てから治療を受けよう」とする日本人の習慣に根付いています。
その結果、インフルエンザに感染してから病院に行き「一日でも早く業務に復帰したい」という強い要望で、医師が第一選択薬であるタミフルを処方します。
加えて、保険の点数制度が引き金となり、症状が軽く自宅療養で十分とされる患者にも、タミフルを処方するようになります。
日本の医療保険は何も悪いことばかりではなく、海外よりもずっと安い診察料で受診することができるというメリットがあります。
しかし、診察の敷居が低いという問題点もあり、医者の地位が低く見られてしまうことから、処方薬を患者が要望するようになってしまうのです。

タミフルにはジェネリック医薬品があるので薬の値段が気になったり通院が面倒と感じる人でも安心して利用することができます。
個人輸入代行などの通販サイトを利用することで自宅からでも簡単に注文することができるので、タミフルジェネリックの値段を確認してみましょう。